カフェ / 食事

ドイツの雰囲気漂う守谷のデリカテッセン「ハンス・ホールベック」ウィンナー・ソーセージが絶品!

柏の葉エリアから車で約30分。

千葉県柏市から茨城県守谷市に入ってすぐにある、デリカテッセン「ハンス・ホールベック」。

自家製ソーセージとビアレストランのお店です。

場所・営業時間

<場所>茨城県守谷市けやき台6-21-2
<営業時間>金・土・日/10時~21時(しばらくの間19時まで)
月・水・木/10時~19時
レストランは11時30分~
定休日:火曜日(祝日に当る時は翌水曜日が休み)

柏市と守谷市の間には利根川があるので、橋を渡らないと行けません。その橋が結構混むので、土日のお昼前後や夕方は40分以上かかることもあります。
ちょうど、巨大ホームセンター「ジョイフル本田」の目の前に位置します。

駐車場

駐車場ももちろんあります。お店のすぐ裏に第1駐車場(3台)と、その斜め前に第2駐車場があります。(全部で10台ぐらいは停められそう)

ドイツの雰囲気漂う店造り

まずドアを開けると量り売りのソーセージ・ウィンナー、ハム、お肉などがずらりとショーケースに並んでいます。その周りにはドイツから輸入されたマスタードやジャムなどが並びます。

店内の奥にはレストランが併設されており、店主にお話しを伺ったところ、ドイツから輸入した木材・資材を使った内装とのこと。お店に入った瞬間からドイツの雰囲気が漂ってはいましたが、レストランの奥に入るといっきにテンションがあがります↑

中世のドイツの趣があって、メルヘンで、だけど落ち着きもあり・・・「素敵~♡」と何度も言ってしまいました(笑)
この時はイースターの時期だったこともあり、こんな飾りつけがしてありました。

細部にもこだわっていて本当に素敵でした。
春の時期は白アスパラガスとローストポークなどのランチメニューがあるそうです。時期によってメニューが変わるようですが、いつ来てもおいしいお食事が楽しめそうです。
子供を預けて、是非ゆったりとした時間の中、食事を堪能してみたいです。子供は大抵ウィンナー大好きなので、もちろんお子さんと一緒でも楽しい食事の時間が過ごせることでしょう♬




店主・小島豊さんの経歴

店主の小島豊さんは、日本でドイツ語を学び、ドイツに渡り日本人で初めてフランクフルト食肉学校を卒業され、ドイツで修業された経歴をお持ちです。日本でのテレビ出演やドイツの航空会社のファースト・ビジネスクラスの機内食に採用され、また数々の賞を受賞される実力者です。
我が家がお店で注文をする際に受けてくださったのが店主の小島さんだったのですが、とても気さくで、一つずつウィンナーの特性を説明してくださるし、量り売りのシステムに不慣れな私たちにも丁寧に接客してくださる素敵な方でした。帰り際に「奥は何ですか?」と聞くと、自ら店内を案内してくださり、レストランの奥まで見せてくださいました。

この日はウィンナーを買う目的で来たので、レストランでは食事はできなかったのですが、すっかり店主とお店の雰囲気に魅了され、また絶対来よう!と心に誓ったのでした。

ウィンナーやお肉の焼き方もメモが貼られていて、失敗することなく美味しい焼き方ができるのもありがたいです。
実際、その通りに焼いて食べてみたところ・・・美味しい!!!!!!!!!!

おおげさかもしれないけど、今まで食べたことがあるウィンナーの中でもダントツの美味しさ!!

子供たちも美味しそうに食べていました^^

毎日手作りをされているそうで、冷凍肉も使わず、新鮮!




ランチメニュー

平日ランチ  1,080円~
土日スペシャルランチ 1,400円~

ハム&ソーセージの詰め合わせギフト

真空パックされたハム&ソーセージの詰め合わせギフトもあります。
(3,600円~10,000円)

正直、ハムやウィンナーの味なんてどれも一緒でしょ?ぐらいに思っていたのですが、こちらのお店のウィンナーを食べて、その概念が変わりました!(本当にごめんなさい)
ハンス・ホールベックのハム&ソーセージの詰め合わせギフトだったら、もらって嬉しい!喜んで食べる!味わって食べる!
というくらい、すっかりファンになってしまいました。

次回はランチでおじゃまさせていただこうと思います。
クリスマス時期のお店の雰囲気も今からとても気になります・・・