子育て/施設/イベント

アルペンアウトドアーズ柏店 柏市沼南地区にできたアウトドアショップ


アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア(AlpenOutdoors FlagshipStore)柏店が2019年4月19日にオープンしました。
世界最大級の売り場、450ブランド、商品点数10万点と、過去に類を見ない圧倒的な品揃え!

アルペンアウトドアーズ柏 アクセス・混雑・駐車場

柏の葉エリアからは車で30分前後。
16号沿い、セブンパークアリオ柏と同じ交差点にあるため、当分道路は混雑しそうです。

我が家もゴールデンウィーク初日に、夕方なら空いているだろうと踏んで車で向かったのですが、混みすぎていて右折できない、やっとできたと思ったら駐車場が満車。「時間をずらして来てください」と言われ(笑)、渋滞をなんとかかいくぐり、アリオの駐車場に停めようとするも、平置き駐車場は満車。なんとか屋上の駐車場(こちらも混んでいました)に停めましたが、子供が限界(汗)でアルペンは諦めてアリオで少し遊んで帰りました(泣)

2日後、再度アルペンへチャレンジ!
今度は開店時間に合わせて向かい、10時前に着いた時には駐車場も8割がた埋まっていました。そしてすでに開店しており(開店を早めたのかも?)、店内はお客さんで賑わっていました。

アルペンアウトドアーズ柏店の場所・営業時間

<住所>
千葉県柏市風早1丁目6-1
<営業時間>
10:00~21:00

セブンパークアリオ柏店がある柏の「沼南」地区にありますが、住所は「風早(かざはや)」です。

アルペンアウトドアーズ1F キャンプグッズ売り場

駐車場側から入ってすぐ左の壁に大きく「ガチャ」という文字が。

そう、ここにはいきなりガチャガチャが設置されています。お子様連れの方はこのトラップに引っかからないように要注意です(笑)

1階はキャンプ用品が充実。

大きなテントがいくつもあり、キャンプの疑似体験(?)ができます。
テントの前にはもちろん、キャンプ用のテーブル、イス、食器などもディスプレイされていて、眺めているだけで「私もキャンプ行きたいな~」なんて思ってしまいます。
ここでも子供がおままごとを始めてしまうので、なかなか次へ行けないというトラップにひっかかります。

エスカレーターの方へ行くと、休憩スペースのようなエリアがあります。
キャンプようのテーブル&チェアが並べられており、自由に座ることができます。テーブルにはアウトドアの雑誌がいくつか置いてあって、休憩がてら読むこともできます。飲み物とアイスの自販機も近くにあるので便利ですね。
「飲食禁止」という文字は見なかったので、おそらくここで飲み物を飲んでも大丈夫かと思われます。

アルペンアウトドアーズに併設されたsnow peakのカフェ

そして、お店の外(敷地内)にはSnow peakのカフェが。
中には入っていませんが、階段で中に入り、オーダーするようです。
11時オープンで、オープン直後には7~8人が常に並んでいる状態でした。次回、私も試してみたいです。

アルペンアウトドアーズ柏 2階 キッズ用品&キッズプレイエリア

2階へ上がるとそこは子供ためのエリア!
滑り台やボルダリングの要領で登って反対側へ下りるという遊具などがありますが、木、丸太、ドラム缶が使用されていて、自然の中で遊んでいる感覚になります。
この日はこのコーナーも子供たちで大変賑わっていて、どの遊具も大人気でした。平日の雨の日にお子さんを遊ばせるのにはありがたい場所ですね。
そのお隣には子供用のリュックサック、サングラス、洋服などが並んでいます。品ぞろえが豊富なので、お気に入りの一品が見つかりそう♪

他にもローラーブレードのような子供向けの遊具で自由に遊べる(試せる)スペースがありました。日本ではあまり見たことのない形の乗り物があり、うちの子供も楽しんでいました^^

ライブラリーコーナーもあり、ベンチに腰かけて本も読めます。大人もじっくり読んで、お気に入りの一冊が購入できそうです。

アルペンアウトドアーズ柏 3階 シューズ(靴)山登り用品&スキー用品、レンタルロッカー

3階は「山」に関連するグッズがずらりと並びます。

まず目に飛び込んでくるのが「ボルダリング」の壁。
子供たちがひたすら挑戦していました。ららぽーと柏の葉で見かけるボルダリングとは違い、命綱もないし、床も売り場の堅い床のままなので、万が一高いところから落ちたらどうするんだろう・・・と素人は思いました。壁の高さもそれほどないので大丈夫なのかもしれませんが、大人が目を離している時に不慣れな子供が見様見真似で挑戦したら・・・ちょっと怖いな。安全に使ってほしいなとおせっかいながらに思っています

また、レジの奥にはレンタルロッカーがずらり。

スキーの板や靴、スノボの板、季節のスポーツ用品を一時的に預けることができます。

レンタルロッカー料金

3か月 12,000円
6か月 21,000円
12か月 36,000円

お店の中にあるので、空調も万全、使いたい時にいつでも取りに来られるのは便利ですね。

少し奥へ行くと、登山用の靴が壁一面にずらり。

隣には足の形を計測する機械が並んでいました。

自分の足の形にあった靴、ソール、靴下が選べるということらしいです。
各コーナーにメーカーの選任の方がいるので、適格なアドバイスもしてもらえそうです。

また、お店の所々にこういうものが設置されているのですが、

子供たちの遊具と化してしまっていましたが、これはれっきとした「靴の試し履きをするための設備」です。
岩の部分と丸太の部分があって、それぞれ傾斜もあり、実際に登山の時にありそうな道をこれで疑似体験して靴の感触を確かめるということなんですね。
ただ、子供たちは止めても何度も何度も何度も何度もその上を歩きたがります^^;

まとめ

やはり、16号沿いということもあり、かなり混雑しています。

同じ16号沿いのT-SITE柏の葉にあるアウトドアのお店はこじんまりとした感じですが、イベントでアクアテラスや前の空き地でテントを張ってデイキャンプをしたりもしているので、それぞれが良い味を持って共存できたらいいですね。
日本に(というか柏周辺に)これだけ多く、アウトドアに興味がある人たちがいるんだなと驚きでした。(全ての人が「アウトドア」に興味があるとは限りませんが)興味はなかったけど、身近にこういうお店ができて、実際に見て触れて、興味が出る人もいそう^^
実際、私の夫は「子供たちがもう少し大きくなったらキャンプに行きたいなぁ」と夢を膨らませていました!

柏の葉キャンパス駅すぐそばのファーマーズテーブルでは「デイキャンプ」や「ナイトキャンプ」をやっている人もいるらしく、また、近くの大規模新築マンションでは「グランピング」ができる部屋もあるみたいなので、これからの時代(令和の時代?!)は「キャンプ」がもっと身近な存在になるかもしれませんね。

私はトイレが近いのでまずは「グランピング」から・・・かなぁ。

アルペンアウトドアーズでキャンプのイメージを膨らませて、いつか実現したいです!